劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール 感想

最近話題である劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール(通称SAO)を見てきました。

場所は越谷レイクタウンイオンシネマ、平日のお昼頃でありながらお客さんはほぼ満員、上映から1週間も経っていながら人気は衰えていないと感じました。

あらすじは公式サイトなどをご覧いただき、ネタバレをしない程度に軽く感想を書いていきます。
体の感想としては アニメのソードアートオンラインの集大成 と言うべきでしょうか。
かなりの密度でアニメの内容が積み込まれていました。
アニメや原作である小説の方の内容を知らなければわからないことが多く、知っていても解説されない所は多々あったので、ぜひ内容を知った上で見て欲しいと思います。
登場キャラクターはそのままアニメ版のキャラクターがほとんど登場します。
本編に関わったキャラクターなどで出ていないキャラクターは少ないといってもいいほど登場してくるので、知っている人たちにとっては集大成とも呼べる映画でしょう。
戦闘シーン、登場人物の会話シーンもほどよく書かれ、特に終盤での主人公たちとこれまで戦ってきた仲間たちとの総力戦は一度見ただけでは物足りなくなるほど濃密にかかれています。
現在進行形で上映中なので、ぜひご覧になってはいかがでしょうか。